上田幸司のアプリビジネスマスタースクール実践記

上田幸司のポケットビジネスの実践記です。 年間報酬250万円以上。アプリ大会にてMVPも頂きました。

*

アプリビジネスマスター塾で結果を出すために知っておきたい3つのこと

      2015/08/16

いわきです。

先日、カフェにて作業をしていました。

IMG_5741
(実際に作業している風景です。笑)

アプリの売上の確認であったり、
クリック率やインプレッション数の確認、
ちょっとの昼寝などなど。。
そうやって確認していくうちにアプリで結果を出すために
知っておいたら絶対に損がない。

むしろ知っちゃったら売上が倍になっちゃう
つのことがわかりました。

これはあくまでもアプリを作ってきた
私の観点からの考えなので、

人それぞれ考え方は違うと思います。

なので、批判等は受け付けていません。笑
温かく読んで頂けると嬉しいです。

では、

まず1つめは、

売上をあげるには熱意がいる

Business man throwing punch
です。

このビジネスを初めて最初の3ヶ月は
800円しか売上をあげることができませんでした。

「このビジネス詐欺か!!!!」
など当時は思っていましたが、

今振り返ってみると、
その原因は、私のビジネスに対する熱意が足りなかったからです。

実際に熱意を持ってやってみて
現在の、月に20万〜30万以上の売上をあげています。

これって詐欺じゃなくて、
やったらやった分結果が出るということですよね。笑

ただ、結果がでなかったことを自分じゃなくて
ビジネスのせいにしたかっただけなんです。。

まあ、それをわかっていても結果がでなかったら
他責にしちゃいたいんですよね。。

だけど、800円のときにあきらめず、
結果がでるまでやるぞ!という熱意を
もってやったことが今の実績を生み出しました。

そして2つめは、

考え続けること

です。

800円から、毎月20万円の
売上をあげることができるまで
私は、どうやったらもっと売上を

あげることができるのか
めちゃくちゃ考えました。

でも、その目標に達したとき、
もうこれでいいやと思ってしまったときがありました。

そうすると、不思議なことに
売上が少しさがるんですよね。

下がると言っても、アプリは継続して売上が上がるので
大幅には下がりませんが、

先月より少し下がった。
となると気持ち的にショックが大きかったです。

そのときに、私の恩人でもある吉村さんから
「どんなビジネスでもそうだけど、
継続的に毎月売上をあげることができることが
大切だよ。

ほとんどの人が、1回目標金額にいったからって
そこで作業をストップして一気に破綻することが多い。
だから、目標に達成した今、もっと考えて考えて
他の人とは違うことをしていった人が成功するんだよ。」

というお言葉を頂きました。。

本当にそのとおりだと思いました。

それから私は、これからもっとどうしたら
売上があがるのかを考えていきました。

その努力、考え続けたことが
今の実績につながったと思います。

そして最後の3つめ、

アプリで売上をあげている
人の実体験を元に作業を進める

です。

カフェでの作業のときに
今まで作成したアプリの確認も行いました。

半年前に作成したアプリで売上が1000円に満たない
アプリがありました。

しかし1年前に作成したアプリが、
今も1週間で1000円を超えていました。

これって、実際に1年前にアプリを
リリースしたからわかったことですよね?^^

で、このことは1年前にアプリをだした人にしか
わからないことなんです。

私なんて、800円からどうやって脱出したのか、
それは売上をあがている方に、売上があがった
ヒントをもらったからなんです。

売上をあげている人には、
共通して行っている方法があることが
わかりました。

そのことを知らずにやっていっても
途中で挫折してしまっていたかもしれません。

そのことについても、
もっと詳しく説明してるメルマガ等に登録してもらえたら
嬉しいです♪

いわきでした。

apuir6

 - 実践記 , , , , ,